『お宮参り』に何となく・・・・
ストレスを感じるすべての方へ

お宮参りは愛する我が子の為にも実施したいけれど、心配事も多く、ついつい足踏みしてしまう。
でもご安心ください。実は多かれ少なかれ、すべてのご家庭でこのような悩みを持っているのです。

結婚式では様々な演出がありますが、いちばん感動的なシーンはやはり新婦からご両親への手紙朗読。お父様の顔がぐちゃぐちゃになる瞬間を見るたびに、結婚式っていいなぁと思うものですよね。 結婚式にも負けず劣らず、お宮参りをもっと素敵な一日にしたいという想いから誕生した新しいご提案が『絆』です。

『絆』それはつまり、家族の想いの共有。普段は照れくさくてなかなかできませんが、家族への想いを何らかの形で表現してみませんか?きっとこれまで以上に家族の愛情を深めることができるはず。

赤ちゃんの健全な成長は家族の深い愛情が土台です。想いは千差万別なので、『絆』の演出方法もそれぞれのご家族様だけのオリジナルをご提案します。事前に打ち合わせを重ねたうえで、当日はプロの選任プランナーが万全のサポートを致しますのでご家族で安心して最高の一日をお過ごしください。

佐々木家の『絆』
祖父母からの手紙で
家族大号泣

Image

出産という、大仕事を終え新たな人生を歩み始めた我が娘に対し、また、新たに加わる家族の一員である孫娘Yちゃんに対し、想いのこもったお手紙をしたため、絆の最後に朗読致しました。残念ながら、当日のお参りには参加できなかった旦那様のご両親の分は、担当プランナーが責任を持って入手し、代読させて頂きました。

私達夫婦は結婚式を挙げていないので、主人は兼ねてより私の両親に対し「花嫁から両親への手紙」を読む機会を作れなかった事が申し訳ない、と言ってくれていました。そこで、今回和祝いさんと相談し、お宮参りの後の会食時に私達から両親への手紙を送ろうという事にしたところ、和祝いさんから「そういうことなら、おじいちゃんおばあちゃんからもお手紙をもらいましょう」と、提案をいただきました。プランナーの富永さんに仲介してもらい、手紙の依頼をしたところ快諾(後日談となりますが、実は、両親もこんな機会を待っていたそうです)をもらい当日を迎えました。普段は無口な父親が、真剣な表情で私達夫婦と娘に対し、語りかけるように読む手紙は心をうち、涙が止まらなくなってしまいました。こんな機会を作ってくれた和祝いさんには感謝しています。

松田家の『絆』
両家で力を合わせ、
家系図を作成。
赤ちゃんへ贈りました

Image

両家を通して初子となるFちゃんが誕生した松田家では、これを機に両家が力を合わせて、何と家系図を作成しました。作成の課程においては、松田家の大黒柱Kさんが中心となって、両家へヒアリング、Fちゃんのルーツを探る為に頑張りました。当日の会食は家系図を肴におおいに盛り上がったのは言うまでもありません。

家系図の作成は、とても楽しく興味深い仕事でした。まずは、我々夫婦の親兄弟を書き出すまでは、簡単でしたが、それからは両家の両親にヒアリング。自分たちの親の親の親(高祖父、高祖母というらしいです)まで遡ることができました。自分たちも知らない話が盛りだくさんで、改めて自分たちを知る良いきっかけになりました。こんな機会を創ってくれた和祝いさんには感謝しています。当日は、家系図の真ん中に赤字で息子の名前を入れて、皆からプレゼントしました。会食中も家系図を酒の肴に両家の話も進んで、いつもと違った雰囲気に。両家の仲も更に深まったような気がします。

江森家の『絆』
20年後に一緒に飲もう。
家族全員で
古酒ラベルに寄せ書き

大の酒好きが揃う江森一家が、絆で熱望したのは、20年後の息子S君と酒を酌み交わす酒を皆で贈りたいとのことでした。絆では、参加者全員で白ラベルに20年後のS君に向けたメッセージを寄せ書きし、プレゼントしました。今、そのボトルは来るべき20年後に向け、江森家の床下で眠っています。

「20歳になった息子に家族皆からお酒のプレゼント」主人の思いつきで、我が家はこれを絆でやりました。当日は、白のラベルが貼られた日本酒に、家族皆で20年後の息子に向けて、メッセージを記入し、箱詰めしました。20年後に熟成されて、琥珀色の古酒に変わるというこのお酒、今から完成が楽しみです。絆の途中では、酔ったお義父さんの長生き宣言も飛び出し、大変盛り上がりました。お酒の下調べから手配、さりげない当日の進行まで全部行っていただいた、プランナーの新井さん、本当にありがとうございました。おかげで家族皆の想い出に残るお宮参りができました。
何をやるか?はあなた次第

絆のメインになるコンテンツは、決められたものはありません。ご家族の考え方や、家族構成等によって千差万別。プランナーと御相談の上、もっともあなたらしいやり方を見つけて下さい

何をやるのも全力サポート!

たとえ絆が、どんな内容でも、和祝いのプランナーがプランの実現に向けて、全力でサポートさせて頂きます。

お宮参りの最後に感動のピークが!

従来のお宮参りでは、会食はお参り後の慰労会的な役割が強かったですが、和祝いのお宮参りでは、絆のある会食時こそが感動のピーク!感動の余韻を残したまま、終了します。

会の進行は和祝いにお任せ

当日の会の進行は和祝い担当プランナーが承りますので、当日はご心配なく家族でのお食事をお愉しみ下さい。

Image
その1

日本のお祝い行事に精通したプランナーがお宮参りのお悩みを全て解決!

お宮参りに対する想いや考え方、事情は千差万別で、100組の家族が いたら、そこには100通りの悩みがあります。和祝いの真骨頂は、このお悩み解決力にあると言えます。日本のお祝い行事に精通したプランナーが、どんな些細なお悩みでも、あなたに変わってきめ細やかに対応致します。

Image
その2

専任のお祝いプランナーが、ご相談~当日までをフルサポート

あなた専属のお祝いプランナーが、神社選びから会食手配、はては当日の撮影やお参りのエスコートまでガッチリとサポートさせて頂きます。分からないことや、気になること等あれば、何でもお気軽にお問合わせ・お申し付け下さい。

Image
その3

絶対後悔しない、超ハイクオリティな記念写真&貸切スタジオ

和祝いのお宮参りでは、記念写真はアーティストが撮影します。絶対に抑えておきたい型モノ写真に加え、表情を中心としたグラビア風撮影を行います。撮影は、スタイリッシュな貸切スタジオにて、お寛ぎいただきながら家族水入らずで行いますので、盛り上がること間違いなし!です。

Image
その4

お参り後の会食会場は、一流!個室!オリジナル!

基本プランで選べるお店は、いずれも都内で評判の超一流のお店だけ。世界的に有名な東京芝の「とうふ屋うかい」やミシュランガイドでも紹介された赤坂「花楽」等、味もおもてなしも最高級のお店で、家族の団欒をお愉しみ下さい。会食会場は全て個室を抑えてありますので、赤ちゃんが寝たりぐずったりしても、気兼ねなくお過ごし頂けます。

Image
その5

祝着の品質が凄い!

和祝いの祝着は、呉服問屋から直接買い付けする正絹、型友禅染めの 高級品。手触りも意匠も上品なものを取り揃えておりますので、お宮参りを迎える赤ちゃんへの初めての贈り物として相応しい逸品と言えます。

Image
その6

長沼静きもの学院監修の正統派のお宮参りをご提案致します

和祝いの母体は、創業60年以上の歴史を持つ長沼静きもの学院。和祝い の商品・サービスは全て、日本文化に精通したこの長沼静きもの学院講師陣と共同開発を行っていますので、伝統に則った正統派の流儀・考え方をベースにした「正しいお宮参り」が叶います。

ご相談の方法は、
あなたのご都合に合わせて
4種より選べます!

妊娠中や出産後間もなくは、
とにかく外出するのが一苦労。
和祝いでは、お客様のご希望に合わせた
4種類の方法にてご相談が可能です。
メール相談/電話相談/ご自宅訪問
/相談カウンターへのご来店より、
お好きな方法をお選び下さい。

お宮参りをお願いしたのですが、お義母さんから儀礼慣習をレクチャーされて正直言って、とても大変でした。地域によって違いもあったりするので噛み合わないことも。でも私から言うと角が立つし・・・。そんなとき『和祝い』の担当の新井さんが私に代わってお義母さんに話をしてくれて家族全員が心から納得できるお宮参りを行うことができました。家族の間に入って調整役を引き受けてくれたことにとても感謝しています。初節句や七五三でも『和祝い』にお願いする予定なので、是非また新井さんに担当してほしいです。

Kさん(平成28年11月15日お参り)

子供の為にも、祖父母の為にも、お宮参りの写真は絶対に良いものを残したい!そんな想いで、色々調べていた時に、ママ友から紹介されたのが『和祝い』のお宮参りプランでした。早速、コンタクトを取ってみて詳しく話を聞いてみると、写真のクオリティもスタジオの感じも私達家族の希望に沿うものだったので、即決してしまいました。撮影当日は、盛り上がりすぎて、うるさくなかったか、ちょっと心配です、大丈夫でしたでしょうか?先日、写真が納品になりましたが、主人も私も大満足の仕上がりでした!特に、娘のモデル風の写真は、家宝ものです(笑)。スタジオの皆さんにも宜しくお伝え下さい。ありがとうございました。

Aさん(平成28年10月7日お参り)

お宮参りでは、お世話になりました。当日は、気分屋の息子にお付き合いいただいたせいで撮影が40分以上おしてしまったので、内心ヒヤヒヤものでしたが、アテンドスタッフの富永さんの機転のきいた対応のお陰で、何のトラブルもなく、最後の会食まで、とってもスムーズに執り行うことができました。また、参道の歩き方からお参り時のしきたりまで、事細やかにエスコートしてもらったので、私達夫婦もとっても勉強になりました。こういった、日本の風習・習慣ってとっても大事なことだと思いますので、子供の世代にもきちんと伝えていきたいと思います!

Tさん(平成28年11月16日お参り)

我が家は、私の実家が北海道なので、お宮参りにおじいちゃんおばあちゃんまで呼ぶかどうか迷っていたのですが、『和祝い』さんに相談し、提案をもらったのが「お宮参り」「お食い初め」を纏めてお祝いしてしまう、というものでした。2つもお祝いがあるのなら、ということで、主人の重い腰もあがり、思い切って北海道の両親にも来てもらうことになりました。お祝い行事のしきたりなど、今まで全然知りませんでしたので、こんな裏技は私たち家族だけでは思いつかなかったと思うので、本当に相談して良かったと思っています。お陰で結婚式以来の両家の良い想い出ができました。

Wさん(平成28年11月3日お参り)

Image

特別レポートは、PDF、A4版25枚の読み物です。

このレポートのここが凄い!

  • 他のみんなはどうしてるの?
  • 祝着の柄には、どんな意味があるの?
  • お宮参りで気を付けた方が良いことは?
  • 東京のお薦め神社ってどこなの?

等のお客様の声・疑問に全て答えるお宮参り完全ガイドです。
色々HPで調べるより、これ1冊読んじゃった方が早いですよ!
巻末には、資料請求者限定の超お得な特典クーポンも付いています!

お申込みは、下記ボタンをクリックの上、お申込みフォームに名前、住所、メールアドレスを記入するだけ。追ってダウンロードURLをメールにてお送り致します。

基本パッケージ 120,000円(税抜)
plan-01-001
和祝いの祝着は、呉服問屋から直接買い付けする正絹の高級品。手触りも意匠も上品なものを取り揃えています。和祝いでは、初着はレンタルではなく、お子様への贈り物として購入をお薦めしています。(3歳、5歳の七五三なら仕立直しで使えます!)お参り後のクリーニングや、七五三のときの仕立直し等のご相談もお任せ下さい。
plan-01-001
数多ある都内の料亭、レストランより今評判のお店に特別にご協力いただきました。いずれの会場も味、サービス、雰囲気等、全てにおいて一流の店ばかり。和祝い限定の祝い膳と、完全個室にて家族水入らずのお時間をお過ごし下さい。
plan-01-001
表参道は骨董通りに撮影スタジオを構えるクリエイティブ集団「banana monkey PICTURES」が、撮影を担当致します。従来の型にとらわれない幅広い撮影スタイルがウリのスタジオで、大切な家族の記念写真を残して下さい。スタジオは貸し切りなので、家族皆で寛いだ雰囲気の中、心ゆくまで撮影をお楽しみいただけます。
  • お問合せ

    TELまたはHPより、ご相談の日どりと場所をお選び下さい

  • ご相談

    渋谷のご相談カウンターまたはご自宅にて

  • カウンセリング

    ご希望やお悩みのヒアリングを行います

  • ご提案

    ヒアリングの内容を踏まえた各種アイテムをご提案致します

  • 祝着選び

    お子様の祝着は、ご相談当日にお選び可能です

  • お申込

    ご希望の日程、会場の候補を決め、手配へ移ります

  • 手配

    ご注文内容にて、各種会場の手配を行います

  • 衣装合わせ

    オプションにて、ご家族のご衣裳をご注文の方は、お参りまでに、お近くの「長沼静きものひととき」へご来店頂き、衣裳選びを行って頂きます

  • 内容確定

    全ての手配が済んだ段階で、確認書をお送り致します

  • ご請求書発行

    内容に問題なければ、契約成立とし、請求書を発行させて頂きます

  • 入金

    お参りの3日前までにお振込をお願いします

  • 初着納品

    ご入金確認後、すぐにお子様の祝着をご自宅までお届け致します

  • お宮参り当日

    撮影〜会食スタートまで和祝いスタッフがアテンド致します
    ※お参りから1ヶ月以上前であれば、キャンセル費は発生しません

お宮参りは、無事に生まれてきてくれたことへの感謝と健やかな成長を願う行事です。 ご家族から生まれてきてくれた赤ちゃんへの初めての心のこもった贈り物。 祝着とはそういった特別な意味合いがあります。しかし、最近はお宮参りに限らず、七五三や成人式等でも晴れ着はレンタルで済ませてしまう 場合が大半です。それでも敢えて、私たちは祝着を購入されることを強くお薦め致します。

祝着は『人生でもっとも尊い贈り物』のひとつであると考えているからです。 それは大切なご家族の絆を深める贈り物です。赤ちゃんが成長し、思春期を迎える頃に、アルバムの写真と押入れにある着物を眺めて、自分の 誕生をこれほどまでに喜んでくれたご両親がいるということを知るきっかけになるかもしれません。 大人になって結婚する頃や出産する頃に、その着物を手に取り改めてご両親への感謝の気持ち で涙が止まらなくなるかもしれません。ご両親やご家族の気持ちが赤ちゃんに伝わる日が、いつか必ず訪れます。日本の伝統的な人生儀礼にはたくさんの愛情があふれています。 『和祝い』はご家族の絆を深めるための小さなお手伝いをさせていただきたいと願っております。




(個人情報保護方針について)